血中で最高濃度に達する時間が短いED治療薬レビトラ

バルデナフィルの働き方

レビトラの有効成分バルデナフィルバルデナフィルの働き方医師に正しく指導を受けるのが大前提

レビトラの有効成分バルデナフィルは、このPDE5型酵素の作用をブロックするPDE5型酵素阻害薬という医薬品です。
つまり、PDE5型酵素の働きを邪魔する薬ということです。
PDE5型酵素の働きが阻害されることにより血管拡張物質が減らないので、勃起の状態が維持されます。
これが、バルデナフィルのED症状改善効果・効能です。
ここで、レビトラは媚薬や性力剤といったものとは根本的に異なる医薬品です。
男性の性的興奮と勃起現象が起こる仕組みに基づいて開発されているので、服用したからといっても薬の効果が続く間中ずっと性的な興奮とは無関係に勃起しっぱなしということはありません。
あくまで、性的興奮のもとに起こった勃起現象の維持・継続を体内酵素のPDE5型酵素に働きかけることでサポートする医薬品です。
このように、バルデナフィルには血管の拡張作用があります。
そのため、服用することで血管の拡張に伴う顔面紅潮・ほてり・熱感・動悸・軽い頭痛・目の充血といった副作用症状が多くの方に発現します。
これらは、ED治療を専門に行うクリニックで医師の指導を受けてその通りに使用していれば心配のいらない軽微な副作用です。